炭水化物抜きで毎日体重計に乗るダイエット

炭水化物抜きで毎日体重計に乗るダイエット

まずは私のダイエット歴についてご紹介します。私は人生で何度か思いっきり太ったことがあります。

 

 

よく、痩せたり太ったりを繰り返していたのは大学生のときです。夜食べたり、飲んだりして引きこもり、ぶくぶく太ったこともありました。社会人になると、一人暮らしをし、また孤独感からかぶくぶく太ったり痩せたり。ですが、もともとマラソンが好きだったこともあり、フルマラソンを走るために毎日10キロ走り、鍛えることに燃えていたころなんとか結婚することもできました。その後、妊娠し、一人目のときはなんと20キロ増でほぼ関取状態でした。

 

 

産後も食欲が止まらず、全く痩せませんでした。しかし、育児休暇明けにみんなから「わぁ、太ったね!」と言われるのが嫌で、ダイエットを始めました。まずは、走って痩せようと1日2時間走ったりしましたが、今度はホルモンのバランスが崩れて生理が止まらず婦人科に通うはめになりました。なので、運動はそこそこにし食事を見直すことにしました。炭水化物は基本取らずに、野菜とスープ、タンパク質をとるようにしました。

 

 

また、自分の母が体重の記録を毎日紙に書いて痩せたと言っていたのを思い出し、毎日朝と夜に体重計に乗り、体重記録アプリに入力しました。それを続けるだけで、トータル25キロ痩せることができました。とくに体重計に乗るのを日課にすると、太ったときのショック、痩せたときの喜びを1日2回味わうので、なるべく計測前に食べるのを止めたり、夜ご飯もだらだら食べるのを止めることができるようになりました。

 

 

2人目を出産した後も同じようにダイエットしてましたが、頑張りすぎてガリガリになりました。というのも、今も継続してる方法ですがお昼ごはんを食べないというマイルールも追加したためです。毎日体重計に2回乗り、炭水化物抜きダイエット、お昼は食べないを続けると、今までないくらい身体がスッキリしました。続けるコツはすべて「完全」に行わないことです。

 

 

体重計は乗りますが、炭水化物は美味しそうなパンを一口とかお菓子もちょっとつまんだりしてます。お昼もガッツリたべませんが、カフェオレ飲んでちょこっと栄養補給バーを食べたりなどしてます。お酒は家では飲まず、飲み会のときだけ飲んでます。とにかく、お酒が1番太る炭水化物だと思います。