身に付けておきたい!朝のダイエット習慣5選

身に付けておきたい!朝のダイエット習慣5選

世間には様々なダイエット法が溢れています。中には過度な食事制限や運動を取り入れるようなダイエット法もありますが、そういった方法は続けるのがつらいのも現実です。そこで、今回の記事では日常の朝に少し意識して取り入れるだけでも、ダイエットの助けになるようなオススメの生活習慣をご紹介します。ぜひみなさんの朝をダイエットに有効な時間にして下さい。

 

早起きをする

 

意外かもしれませんが、“早起き”をすることでダイエット効果が期待できます。ダイエットをしている方は一度は聞いたことがある、人が何をしなくてもカロリーを消費する“基礎代謝”。この基礎代謝が朝の時間は夜よりも高い傾向にあるんです。さらに、早起きして朝の時間に余裕を作ることで、このあと紹介する朝のダイエット習慣にも余裕をもって取り入れることができます。

 

布団の上でストレッチ

朝起きる時に布団の上でストレッチをしましょう。そんなに激しいものではなくても、体をグ?ッと伸ばしたり、手足をグーパーして動かすような簡単なもので大丈夫です。寝起きにストレッチをすることで、血の巡りが良くなり基礎代謝量のアップが期待できます。

 

:朝食前に軽いウォーキング

 

さらに時間に余裕がある人は、朝食前に軽く朝のウォーキングをしてみましょう。空腹状態時に、人間は脂肪からエネルギーを得ようとするので、朝の朝食前の有酸素運動は非常に効果的です。また、先程の布団の上でストレッチをするよりも強めの運動強度となるので、血行促進による基礎代謝量のアップがより高く望めます。

 

起きたら常温または白湯を一杯飲む

 

出来れば白湯がベストですが、常温の水でもOKです。寝ている時に人の体は水分が失われているので、朝の寝起き時には水分不足の状態になっています。そのままだと、血液中の水分も少なくなっているので、血液はドロドロで代謝も悪くなってしまいます。そこで、朝に水分をとることで、血液をサラサラにして代謝を上げて内蔵の働きを刺激してあげることが大事になってきます。冷たい水分をとってしまうと、体を冷やして逆に代謝を下げる可能性もあるので注意してくださいね。

 

:朝食をとる

 

朝にしっかりと朝食をとることで、内蔵が働いてくれて体が活動モードへと変わります。体温も上昇するので、冷え性対策にもなります。結果的に基礎代謝量もアップするので、朝食をとることはダイエットにとても重要な習慣といえます。

 

以上です。今回ご紹介した習慣をうまく生活に取り組んで、みなさんのダイエットがうまくいくことを願っています!"